発毛促進を誘発させる成分、大豆と金属、ノコギリヤシ

男性は女性と比較すると抜け毛が多く、AGAにかかりやすい傾向にあります。

発毛治療に関するお悩み解決にはこちらです。

要因としては男性ホルモンの影響が指摘出来ます。

髪の毛は主にホルモンが深く関わって発毛しますが、ストレスや生活習慣の崩れでも分泌量が不安になる恐れがあり、男性ホルモンの増加させる原因もつくり出してしまいますから、要注意です。大豆には良質なタンパク質が含まれていて、ミネラルであるカルシウムや亜鉛も含みます。

タンパク質は体内でアミノ酸に分解されますが、髪を生産させる原料にもなり、抜け毛予防や発毛促進を促すメリットが特徴的です。


両方の性ホルモンの分泌も誘発させますから、積極的に補給する事で悩みを改善出来る可能性が生じます。
カルシウムと亜鉛は髪の毛に関与します。

前者は頭皮から分泌された皮脂の酸化を抑制する作用があり、一日に600mgを補給してきちんと吸収させれば、皮脂が原因で抜けるリスクに規制をかける事が出来ます。

亜鉛は毛根にも関与しますから、10mgは摂取していく必要性がありますが、銅も合わせて摂れば効果は上昇するポイントが強みです。



ノコギリヤシや男性ホルモンの分泌を抑制して、抜け毛を予防しますが、結果的に発毛を誘発させます。

5αリダクターゼが発生した場合にテストステロンに変形する回路を遮断して、女性ホルモンが分泌しやすい状況をつくり出します。



大豆と相性が抜群であり、合わせて摂取すれば髪の毛は増えていきますが、サプリで補給していく事も可能です。